囚人筋トレに挑戦

今日は書店に行ったのですが、ダイエットについて書かれている本が山ほどありました。
でも、ガリガリな人が筋肉質になるための本というのは、見たことがありませんよね。

ネットで、「体重 筋肉 増加」と検索しても、ダイエットや体重を落とすためのページばかり出てきて、体重を増やすためのページはどこにもありません。

子供の頃からガリガリに痩せている私は、ずっとマッチョな体に憧れていて、オジサンになった今でも、筋肉質でたくましい体が欲しいと思っています。
ですが、ガリガリの男が筋肉をつけるためには何をすればいいのかわからないまま、40年間もガリガリの人生を歩んできました。

そんなある日、囚人筋トレの本に出会いました。
最初は半信半疑でしたが、読み進めるうちに「これなら俺にもできるかも!」と心から思うことができたので、チャレンジしてみることにしました!

もし、囚人筋トレを始めた後の結果に興味がありましたら、このページの一番下に、筋トレ開始後の推移をまとめたリンク集を用意しましたので、よかったら見てみてください。

 


囚人筋トレというのは、道具を使わない「自重筋トレ」というジャンルの筋トレです。
6種目が10個のステップに分かれていて、ステップ1から取り組んでいくというプログラムになっています。

この6種目は以下の通りです。

①プッシュアップ(腕立て)

②スクワット

③プルアップ(懸垂)

④レッグレイズ(腹筋)

⑤ブリッジ

⑥ハントスタンド・プッシュアップ(逆立ちからの腕立て)

どの種目も、ステップ1は「こんなの楽勝じゃん!」という内容がほとんどですが、ステップ10になると超人とも言える内容になっています。

腕立てを例にすると、
ステップ1:壁に向かって手をついて、額が壁につくまで腕を曲げ、また元の位置に戻る。
ステップ10:片手腕立て伏せ、しかも最終的な目標は100回(!)です。


私の自己紹介をすると、身長は178cm、体重は62kg典型的な痩せ型です。

そして私は、

・食べても食べても太らない

・筋トレしても筋肉がつかない(むしろ痩せる)

・仕事が忙しくなったり、ストレスが多くなると痩せる

という体質です。

子供の頃は「ガリガリ君」「もやし」「ヒョロヒョロ」と呼ばれていたので、そんな奴らを見返してやろうと思い、中学・高校の部活(バレー部)で筋トレを一生懸命やりました。
ですが、筋肉は全然つかずに、ガリガリなまま大人になってしまいました。

中年になると、周りの人からは
「太らないからうらやましい」
「私も〇〇さんみたいにやせたい」
と言われますが、本人は筋肉質な体に憧れて何十年も悩んでいるので、何とかして筋肉をつけたいとずっと思っていました。


今年の秋に、この囚人筋トレについてまとめたサイト(囚人筋トレ 徹底解剖)を見つけ、囚人筋トレに興味を持ちました。
他の方の体験記も調べてみたところ、囚人筋トレをしてマッチョな体になった元痩せ型の人が多くいることがわかったので、私も挑戦することにしました。


実際やってみての感想ですが、ステップ1は超簡単です。
最初のうちは何十回でもできる気がします。
が、そんなメニューでも20回を超えると、弱い部分の筋肉や関節が痛くなってきます。

例えば、腕立て(プッシュアップ)では、ステップ1は壁に向かって腕立て(腕の曲げ伸ばし)をするので、ほとんど負荷はかかりません。
それでも、50回を3セット(次のステップに進むための目標回数/セット数)行うと、肘の関節が痛くなってきます。

ちなみに、囚人筋トレでは関節も重視していて、関節の鍛え方について書かれた本も出ています。
今までは筋トレと言えば筋肉をつけることしか思い浮かばなかったですが、関節を強化することで、より筋肉に効かせることに集中してトレーニングできるようになった気がします。
(と言っても、まだ3日しか行っていませんが…)


筋肉/体重増加に成功された方は、囚人筋トレだけではなく、食事にも取り組んでいる人が多かったです。
一回に食べる量を増やす、間食の回数を増やす、プロテインを飲むなど、成功者に共通している要素を取り入れたいと思います。
まずは、iherbでプロテインを買って飲むことにしました。

元旦に体重を測ったところ、62.75kgでした。
お正月に親戚周りをして、おいしいものをたらふく食べたので重めになっていますが、普段の体重は60~63kgの間をウロウロしています。
過去40年間の最高体重は64.5kgです。

今年中に、65kgの壁を突破するべく、頑張ります!!


5/8追記
囚人筋トレ、4ヶ月間継続して、5ヶ月目に突入しました。

毎月の経過は以下の記事にまとめています。

1ヶ月経過 ここまでは順調でした。
2ヶ月経過 生まれて初めて腹回りにぜい肉がつきました。肘の関節痛にも苦しみました。
3ヶ月経過 無理のないメニューに戻ってやり直しました。腕立て30回ができました!
4ヶ月経過 筋トレが少し楽になってきました。体重も落ちてきています。

読んでいただくとわかりますが、腹回りに脂肪がついてしまったり、関節を痛めたり、プログラムがなかなか進まなかったり…と一進一退しています。
見た目も、ぜい肉が付いた分だけ体つきが太くなりましたが、筋肉的にはほとんど変わっていません。

ですが、
・今まで一度も成功したことが無かった、腕立て30回・腹筋100回ができるようになった
・トレーニングメニューが、だんだん楽にできるようになってきている
ので、筋肉がついてきているのを実感しています。

以下の記事では、囚人筋トレをやる上でのポイントを書いています。
筋トレが続かないあなたへ、筋トレが継続できるたった一つの方法
囚人筋トレは週1回の間隔でOK!

いろいろなことを試して、自分に一番合うやり方(回数や頻度、いつやるか、栄養補給の方法…など)を見つけることが、継続のコツだと思います。
囚人筋トレの本
や他のブログも参考にして、自分にピッタリのやり方を探してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました