囚人筋トレ 2月のまとめ(肘関節痛と体重増加)

今年から始めた囚人筋トレですが、2月の中旬までは順調に進んでいました。
ですが、ステップを上げたことで関節痛になったり、体重が増えすぎてしまったりと、初めて壁にぶち当たりました。

スポンサーリンク

1. 囚人筋トレ 2月末の状況

1. 現在のメニュー

・プッシュアップ
ステップ3(ニーリング・プッシュアップ)→ステップ2(インクライン・プッシュアップ)に戻す

・スクワット
ステップ2(ジャックナイフ・スクワット) 

・レッグレイズ
ステップ2(フラット・ニー・レイズ)

・懸垂
ステップ2(ホリゾンタル・プル) 

2. プッシュアップで関節を痛める

プッシュアップ(腕立て伏せ)は、ニーリング・プッシュアップ(膝をついて行う腕立て伏せ)に取り組み始めました。
最初は10回×3セットでしたが、次に15回×3セットに増やしたところ、左肘の関節を痛めてしまいました…。

冷やしたり、関節痛の薬を塗ったりして1週間くらい様子を見たのですが、ニーリング・プッシュアップを1回でも行うと関節が痛くなってしまうので、一つ前のステップ2のインクライン・プッシュアップに戻すことにしました。

囚人筋トレの本に「ステップを速く進みすぎると、未熟なフォーム、ケガ、モチベーションの喪失につながる」と書いてありますが、私も少し焦っていたのかもしれません。
ステップ2の上級者の標準をこなすことはできましたが、「どうにか」できるレベルで次に進んでしまったのが良くなかったと思いますので、次は上級者の標準を「楽に」できるようになったら、ステップ3に戻ってこようと思います。

インクライン・プッシュアップに戻っても、最初は関節の痛みがぶり返す感じがありましたが、回数を非常に少なくして(5回×2セット)やったところ、痛みが出なかったので、今は少しずつ回数を増やしています。

3. スクワットに加えてランニングを始める

ステップ2を継続していて膝の違和感は無くなったのですが、体重が増え過ぎて66kgを超えてしまったので、ランニングもメニューに加えました。

スクワットはステップ2の「上級者の標準」、40回×3セットを継続しています。
これに加えて、週2回、朝早起きして7kmをジョギングしています。

朝走る理由ですが、体にエネルギーが無い状態で走ると脂肪が燃焼しやすくなると聞いたので、一日で一番エネルギーが枯渇している朝一で走るのがいいと思い、早起きして走っています。
朝走ると、その日の午前中はずっと体がポカポカしていて、脂肪が燃えている気がします。

2. 体重推移

2月後半にググっと増えて、なんと66kgを超えてしまいました。

この1ヶ月で4kg近く太っていて、明らかに異常なペースで体重が増えています。
筋トレの成果、といいたいところですが、明らかに脂肪太りです。

元々痩せていた私は、筋トレでエネルギーが枯渇してしまい、その結果筋肉がエネルギーとして使われてしまうことを防ぐために、囚人筋トレと合わせて間食をちょこちょこするようにしました。
2月に入ってだんだん体つきが太くなったと感じるようになり、最初のうちは、囚人筋トレの成果で筋肉がついたと思って、一人で喜んでいました。

ですが、ある日、スリムタイプのジーンズを履こうとしたところ、

…??
…ウェストと腿回りがキツくて、ズボンが履けない!

ガリガリだった私にとっては、生まれて初めての経験です(苦笑)。
ここで初めて、筋トレの成果ではなく脂肪で太ったということに気が付きました。

1日2回取っている間食のメニューは、魚肉ソーセージと無調整豆乳なので、そんなにカロリーが高いわけではないのですが、体重を増やすために、昼食のご飯を普通→大盛にしたり、おかずも一品増やしたりと、食べる量が絶対的に多くなったことで、使われないカロリーが脂肪になってしまったのかなと思います。

また、2月は仕事も忙しく、また外出もほとんど無くデスクワークが多かったことも太った理由の一つかもしれません。

以前の記事で、「貧弱なオヤジが筋肉をつけるプロセスを書くつもりでしたが、いつの間にかダイエットについて書くことになるかもしれません」と書きましたが、本当にダイエットの過程を書くことになってしまいました(苦笑)。

ランニングも始めたので、筋トレも頑張って、食事も見直すことで、「ガリガリのオヤジが一時期太ったけど、最終的には筋肉質な体を手に入れたブログ」(長い…)になるように、頑張ります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました