新幹線の指定席 混雑日のキャンセル待ちは発売開始翌日が狙い目

JRの新幹線・特急の指定席が満席になってしまった時に、キャンセルが出やすいタイミングについて記事を書きましたが、その後もえきねっとを使って調べてみました。

いろいろな列車を調べた結果、混雑する日のキャンセル待ちは
発売開始日(乗車日の1ヶ月前)の翌日朝」
が狙い目だということがわかりました。

お目当ての列車が発売開始日に満席になってしまっても、次の日の朝になるとキャンセルが出ることがよくあるので、チェックしてみるといいと思います。

スポンサーリンク

1.お盆の指定席予約状況

お盆は、1年の中で最も混雑する時期です。
私も帰省するための新幹線を予約しようと思いましたが、発売開始日の昼には希望する列車が満席になってしまいました。

えきねっとの予約状況東京-盛岡
これは8月11日8時台の東京→盛岡の新幹線ですが、どの列車も満席です。
ちなみに、普通車の空席は13時台まで無いので(7月20日現在)、どうしても8月11日の新幹線に乗ろうとするなら、午後の時間帯に変更するか、行列覚悟で自由席に並ばないといけません。

私も、この時間帯の指定席に乗りたいと思っていました。
前にえきねっとの事前受付で痛い目にあったので、発売開始日の昼休みにえきねっとで予約しようと思ったら、上記のように×のオンパレードでした…。甘かったです…。

仕方がないので午後の指定席を取りましたが、東京駅を午後に出ると実家に着くのが夜になってしまい、その日は移動だけで終わってしまうのでもったいないんですよね…。

ですが、希望する列車の指定席が満席になってしまっても、あきらめてはいけません!

2.キャンセルが特に出やすいタイミング→発売開始日の翌日

キャンセルが出やすいタイミング(通説)のおさらい

前回の記事でも書きましたが、満席になってしまった列車のキャンセル待ちをする際に、キャンセルが出やすいと言われているタイミングがあります。

・発売開始日(乗車1ヶ月前)の夕方~翌日
・乗車2週間~10日前
・乗車3~2日前
・乗車日の出発直前


この数ヶ月間、暇ができるとえきねっとにログインして、空席の変動をチェックしていたのですが、混雑する時期の列車を観察した結果、
発売開始日(乗車1ヶ月前)の翌日朝
が狙い目だということがわかりました。

発売開始日の翌日朝はキャンセルが出やすい

以下、お盆の時期の東北新幹線(東京→盛岡)を例に説明します。


① 8月9日(金) 午前8時台
8月9日分発売初日
これは8月9日午前8時台の指定席について、発売開始日(7月9日)の夜の状況です。
普通車はほぼ満席になっています。
やまびこ43号だけは空席がありますが、この列車は停車駅が多く所要時間がかかるため、敬遠されているのだと思います。

ですが、発売開始日の翌日(7月10日)の朝に、えきねっとにログインしてみると…
8月9日分発売開始翌日朝の状況
一晩明けたら空席が出ているではありませんか!

×→○に変わっている、はやぶさ7号の空席をシートマップで見てみました。
はやぶさ7号の空席
…選び放題です!
昨日は満席だったのに、どうしてこんなにたくさんの席が空いているのでしょうか??


② 8月12日(月・祝) 午前8時台
8月12日分発売初日の指定席
こちらは、8月12日午前8時台の指定席、発売開始日(7月12日)の夜の状況です。

8月9日の時と同じように、所要時間が短い列車は、普通車が満席になっていますが、翌日の朝になると…

8月12日分発売開始翌日
空席が出ています!
しかも、1本だけではなく、複数の列車で空席が出るのが不思議なところです。


ちなみに、この「△」は「空席が残りわずか」という意味ですが、同じ△でも、空席の状況は全然違うことがあります。

8月12日分の発売開始翌日に×→△に変わっていた、はやぶさ5号とはやぶさ7号の空席を、シートマップで確認してみました。

はやぶさ5号
やまびこ5号の空席状況

はやぶさ7号
やまびこ7号の空席状況
同じ△でも、空席の状況は全然違うのが分かると思います。
はやぶさ5号は2人で並んで座れる席は空いていませんが、7号なら3人並びの席でも確保できます。
空席の詳しい状況は、えきねっとか駅の指定席販売機で、シートマップを確認してみないとわからない、ということです。

ちなみに、えきねっとで席を指定する際に「シートマップから選ぶ」を選択すると、その列車の中で一番空席が多い号車が自動選択されるようなのですが、上の写真も自動選択された号車を採用しています。

なぜ発売開始翌日になると空席が出るのか?

キャンセルが出る時間帯についても調べてみました。

通常の営業時間内に多くのキャンセルが出た例はありませんでした。
(キャンセルが出ても1、2席程度)

「通常の営業時間」と書きましたが、えきねっとは毎日夜間メンテナンスがあり、1時40分~5時30分の間は指定席を予約することができません。

夜間メンテナンスの前に空席をチェックしておいて、夜間メンテナンス終了後すぐに空席状況を確認すると、夜間メンテナンスの前後で空席の状況がガラッと変わっていることが多かったです。
つまり、発売開始翌日の朝5時30分になると、空席が出ている可能性が高いということです。


私の推測ですが、発売開始翌日の朝に多くのキャンセルが出る理由は、次の通りではないでしょうか。
・旅行会社が、お盆の時期のツアー用に指定席を予約したが、席が確保できないという事態を避けるために、多めに席を申し込んでおいた。
・発売開始日に、予想以上に席が確保できたので、余った席をキャンセルした。
・旅行会社のような大口の顧客のキャンセルは、夜間メンテナンスの後でキャンセルが反映される。

本当の理由はわかりませんが、こう考えるとつじつまが合う気がします。

3.発売開始翌日にキャンセルが出ないこともある

実例を見ながら、発売開始翌日にキャンセルがよく出ることを書いてきましたが、例外の日もあります。

帰省ラッシュのピーク日など、特に混雑する日

今年の8月のカレンダーはこのようになっています。
8月カレンダー
8月13日~16日が休みの会社も多いと思いますが、その場合は10日の土曜日から9連休になるので、10日から旅行・帰省する人がたくさんいることが予想できます。

お盆休みとその前後の指定席を毎日チェックしているのですが、8月10日と11日は、全くと言っていいほどキャンセルが出ていません。

8月10日(土) 朝8時台(東京→盛岡)
えきねっとの空席を時系列で調べた結果です
左から、7月10日(発売開始日)、7月11日、7月12日の状況です。
普通車は×のまま変わっていないのが分かると思います。

7月12日に、一番上の列車(はやぶさ5号)の普通車が△になっていますが、キャンセルが出たのは1席だけでした。
8月10日はやぶさ5号の空席
この1席も、あっという間に予約されてしまい、×に戻ってしまいました。

上で書いたような「まとまった席のキャンセル」は、8月10・11日に関しては出ていません。
帰省ラッシュのピーク日のように特に混雑する日は、旅行会社の需要も多いと思うので、キャンセルも出ないのかもしれませんね。

私も8月10日朝の新幹線をキャンセル待ちしていて、毎日朝と夜にえきねっとをチェックしていますが、家族全員が一緒に座れる席はまだ確保できていません…。
「満席になってもあきらめないでください」と上に書きましたが、自分の気持ちが折れそうです(苦笑)。

発売初日は満席ではなかったが、徐々に予約が入り満席になった列車

これまでの例は、発売開始初日に満席になった列車について書いていましたが、
「発売開始日は空席があったけど、徐々に埋まって満席になった列車」
は、キャンセルが出にくい傾向があります。

8月11日(日) 朝9時以降(東京→山形)
8月11日朝8時山形新幹線の空席状況
山形新幹線の8月11日乗車分について、7月11日(発売開始日)、12日、13日の空席状況です。
日を追うごとに、空席が無くなっているのが分かるかと思います。
この後も空席状況をチェックしていますが、一度満席になってしまった列車に空席は出ていません。

と言っても、キャンセルが出ることもあるので、やっぱり「あきらめないでチェック」するしかないんですよね…。

4.まとめ

・発売開始日に満席になってしまっても、発売開始翌日の朝にキャンセルが出ていることがある。
まとまった席数のキャンセルが出ることも多い。
・ただし、特に混雑する日はキャンセルが出ないこともある。
・空席状況が同じ「△」でも、1席だけしか空いていないときもあれば、数十席が空いている場合もある。

私が乗りたい8月10日朝の空席はまだ出ていませんが、前の記事で書いた「乗車2週間~10日前」に旅行会社のキャンセルが出るかもしれないので、引き続きチェックしてみようと思います。
もし空席が出たら、この記事も更新します!

(8/20更新)
結局キャンセルは出ず、8月10日は午後の便で帰省しました…。
10日午前中のチケットはプラチナチケットでしたね…。

今は、みどりの窓口でも10時打ちは受け付けてくれないので、非常に混雑する日は「えきねっとで10時打ち(10時になったらえきねっとで購入)」するのが一番いいのかもしれません。

コメント