JR指定席 キャンセルが出るタイミングをえきねっとで調査しました

以前、えきねっとの「事前受付」について記事を書きました。
えきねっとの事前受付を使って大失敗したけどリカバーして予約を取れた件

事前受付を使っても希望する列車の予約が取れなかった、あるいはみどりの窓口に行ったけどもう満席だったという時には、えきねっとを使ってキャンセル(空席)が出ていないか確認すると思います。
また、希望の席(窓側、2人掛けの席など)が空いていない、という時に、キャンセルの確認をすることもありますよね。

今回は、そんな時に役に立つ「キャンセルが出やすいタイミング」について、実際に調べてみました。

スポンサーリンク

1.キャンセルはいつ出やすいのか?(ネットで書かれていること)

JRの指定席券は、乗車する日の1ヶ月前の午前10時から発売します。
お盆や冬休みなどのハイシーズンは、希望する列車が発売直後に満席になってしまう、ということもよくあります。

希望の列車が満席の場合だけではなく、希望のが満席になってしまう、という時もあると思います。

・2人で旅行するので、新幹線の2人掛けの席がいい(3人掛けではなく)
・家族で一緒に座りたい(たとえば2人掛け×2列)
・ベビーカーや大きい荷物があるので、列車の一番後ろの席に座りたい
(座席の後ろに荷物を置きたい)
・窓側/通路側の席がいい
・景色がよく見える右側の席がいい
…等々、いろいろなケースがあると思います。

希望する列車や席が取れなかった場合、キャンセルがよく出るタイミングとして言われているのは、以下の3つです。

発売開始日(乗車1ヶ月前)の夕方~翌日

えきねっとの事前予約で必要枚数以上に予約できた人が、不要分をキャンセルすることがあるようです。
このゴールデンウィークに、スーパービュー踊り子号のグリーン車を予約した際には、発売開始日の翌日に大量のキャンセルが出ました。
(その際の記事はこちらです)

発売直後に満席になってしまっても、あきらめないで空席を確認してみると、キャンセルが出ているかもしれません。

乗車2週間~10日前

旅行会社がツアーのためにまとめて押さえていた席が余った場合、このタイミングでキャンセルすることがあるようです。

乗車3~2日前

JRの指定席をキャンセルする場合、出発2日前と前日で手数料が大きく変わります。
乗車の2日前まで:330円
・乗車
前日以降:30%
例えば5000円の特急券の場合、1500円もキャンセル料が取られてしまうので、出発2日前にはキャンセルが多く出ると言われています。


なお、乗車日の出発直前にキャンセルが出ることも比較的多いようですが、出発直前に予約が取れたとしても、旅行の準備が間に合わないですよね…。

2.キャンセルは本当に出るのか?

「えきねっと キャンセル」「新幹線 キャンセル」などでググると、上のようなことを書いた記事がたくさん出てきますが、本当にそうなのか調べてみました。

えきねっととJR CYBER STATIONを使って、東北新幹線の空席を毎日チェックしてみたたところ、
・1,2席の空席は、タイミングを問わずよく出る
・2週間~10日前に、まとまった席のキャンセルが出ることもある
ということがわかりました。

1席のキャンセルはよく出る

1席だけのキャンセルは、ちょこちょこ出ます。

えきねっとで予約する場合、シートマップを使って自分の希望する号車や席を選ぶことができるのですが、席が空いていないと、このようなメッセージが出てしまいます。

えきねっと空席が無いときのメッセージ

ですが、毎日チェックしていると、突然空席が出ることがあります。

1席だけ空席が出た例


窓側の席がいいけど、窓側はすべて埋まってしまっている、という時もあると思います。

1人席窓側キャンセル
上の写真では窓側の席はすべて埋まっていますが、下の写真のように1席だけキャンセルが出ることもあります。

ただ、この場合は窓側以外の席は空いているので、JR CYBER STATIONでチェックすると「○」(空席あり)と表示されてしまいます。
窓側の空席の有無は、えきねっとのシートマップで確認しないとわかりません。

どうしても窓側がいいという時は、えきねっとで空席をこまめにチェックするのがいいと思います。


タイミングですが、1席の場合、キャンセルが出やすいタイミングというのはありませんでした。

キャンセルが毎日出ることもあれば、1週間くらい動きが無いこともありますが、一度満席になった列車がそのまま最後まで満席のまま、というケースは無く、3、4席程度のキャンセルは必ず出ていました。

2人掛け席のキャンセルもそこそこある

二人で新幹線を使って旅行するときには、3人掛けの席だと隣に知らない誰かが座って気を遣うので、2人掛けの席に座ってゆったりしたいですよね。

1席に比べると頻度は少ないですが、2人掛けの2席キャンセルもありました。


2人席のキャンセル
このケースは、3人掛けの席なら2人並んで座れますが、2人掛けの席で2人並んで座ることはできない、という例です。
上の写真では、2人掛けで2人並んで座れる席が無かったのですが、下の写真では11列目に2人掛けのキャンセルが出ています。

ちなみに、空席が出た次の日には、この2席は埋まってしまいました。


2人席が空いたけどすぐに埋まった例
赤丸は、3人掛けのうち2席と、2人掛けのうち1席のキャンセルが同日に出た例です。
2人掛けの方は、元々空いていた席と合わせて2人で並んで座れるようになりましたが、こちらも次の日には埋まってしまいました。(下の青丸の部分です)

このケースの場合も、3人掛けの席には空席があるので、JR CYBER STATIONでは「○」(空席あり)と表示されてしまいます。
2人掛けの席を確保したい場合には、えきねっとで空席をちょくちょく確認する、もしくはみどりの窓口に何回も通う、ということをしないと、空席の有無はわかりません。


2人掛けの席についても、キャンセルが出やすい特定のタイミングは無かったです。
ただ、1席だけのキャンセルに比べると狙っている人が多いからか、キャンセルが出た次の日には必ず埋まっていました。

2人掛け席を確保したい場合には、こまめに空席を確認することが大事かもしれません。

2週間~10日前に、まとまった席のキャンセルが出るときもあった

上にも書きましたが、「2週間から10日前に、旅行会社のツアー分のキャンセルが入って、まとまった空席が出る」ということが言われています。

1人席、2人席に比べると頻度はとても少ないですが、一度に多くの席がキャンセルになった事例もありました。


10日前のキャンセル
上の写真は出発12日前、下の写真は出発11日前のものです。
12日前には、1列目~11列目の席は全て埋まっていますが、11日前になると、赤枠で囲ったようにたくさんの空席が出ています。

出発2週間~10日前のまとまったキャンセルは「旅行会社のツアー分のキャンセル」ではないかと言われていますが、それ以外には説明がつかないくらい、大量のキャンセルです。


ですが、頻度は本当に少ないです。
この記事を書くに当たり、約30本の新幹線の空席状況を調べましたが、このように大量の空席が一度に出たのは、このケースだけでした。

3.まとめ

①キャンセルが出やすいタイミングとして言われているのは、次の3つ
(1)発売開始日(乗車1ヶ月前)の夕方~夜
(2)乗車2週間~10日前
(3)乗車3~2日前

②キャンセルについて調査した結果は以下の通り
(1)1席だけのキャンセルはよく出る(出やすい時期は特に無い)
(2)2人掛けの席の2席キャンセルも、まあまあ出る(出やすい時期は特に無い)
(3)数十席のまとまったキャンセルは、めったに無い(でもまれにある)

希望する列車や座席が満席だったとしても、あきらめないで、えきねっとやJR CYBER STATIONを使って、ちょくちょく確認してみる


この記事を書くに当たり、毎日えきねっとにログインして、シートマップを見て指定席の空席を確認しましたが、キャンセルは予想以上に出る、というのが私の実感です。

これからお盆シーズンの指定席の予約も始まりますが、希望する列車や座席を確保して、楽しい旅行にしていただきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました