筋トレが続かないあなたへ、筋トレが継続できるたった一つの方法

こんにちは。
囚人筋トレ歴3ヶ月半のさとしです。

突然ですが、筋トレって続かないですよね。
私も、いろいろなトレーニングに挑戦しては挫折する…というのを何回も繰り返してきました。

ですが、囚人筋トレを始めてからは、今まで挫折することなく、3ヶ月半継続できています。

飽きっぽい私が、単調で退屈な囚人筋トレを継続できているのはなぜでしょうか。

その理由はたった一つ、
「ブログに筋トレのことを書いているから」
です!

 

筋トレが続いたことは今まで一回も無かった

筋トレ、続けた方がいいと頭ではわかっていても、継続するのは容易ではありません。

私の過去の例では、筋トレを始めて1ヶ月くらいはいい感じで続けられるのですが、1ヶ月を過ぎると、以下のようなパターンで挫折することが多かったです。

①ある日、「今日は仕事が遅かったから、明日にするか」と筋トレをやらない言い訳をする
②明日になると、「今週は仕事が忙しくて疲れているから、来週にしよう」と筋トレをやらない言い訳をする
③来週になると、「最近筋トレできていないな~。でも効果も無いし、もうやめよっか」と筋トレをやらない言い訳をして、筋トレが終了する

こんな筋トレ挫折の三段論法を、この人生で何回も繰り返してきました。


飽きっぽい私ですが、筋肉をつけたい!という思いだけは人一倍あったので、筋トレのやり方もいろいろ工夫しましたよ。
お金も時間もたくさん使いました。

・地元の徒歩5分のところにある市営体育館のトレーニングルームを使う
・スポーツクラブの会員になり、トレーナーにトレーニングメニューを考えてもらって、フォームをチェックしてもらったり、栄養相談で言われた食事メニューを試す
・ネットや本で調べた筋トレメニューをやってみる
・筋トレ器具(ダンベル、プッシュアップバー、腹筋ローラー)をやる

…どれも、2ヶ月以上続いたことはありません(苦笑)。

そんなこんなで、筋トレには何回もチャレンジしてきましたが、チャレンジするたびに挫折してきました。

囚人筋トレは継続できている

囚人筋トレは、動作も単調ですし、ウェイトを使ったトレーニングのように、目に見える形での成長が感じられにくいので、飽きてしまう危険性が高い筋トレだと思います。

ですが、囚人筋トレは、3ヶ月半継続できています。
私は飽きっぽいので、同じことを3ヶ月以上も続けたのは本当に久し振りです。

この記事を書く前に、囚人筋トレを継続できている理由を考えてみました。

・囚人筋トレは効果がありそうだと思って納得して始めたし、実際にやってみて効果を実感できている
・道具がいらないので、出張先や昼休みなど場所を選ばずに筋トレできる
・ガリガリなのに腹回りだけ出てきたので、こんなカッコ悪い体型からおさらばしたいと強く思った

というのが思い浮かびましたが、どれも今までの筋トレにも当てはまることですし、他に理由があるんじゃないか…と考えていたら、今回の筋トレだけに当てはまる理由があったのです。

筋トレを続けるには、ブログに筋トレの内容を書く!

筋トレが継続できている理由、それは
「ブログに筋トレの内容を書いているから」
です!

囚人筋トレを始めてから、このブログに自分がやった筋トレの内容を書くようにしました。

筋トレをやろうと思った時に一番気になるのは、
その筋トレは本当に効果があるのか
ということだと思います。

玉石混交で、時には嘘の情報も混じっているネットの世界で、誰が見ても「この筋トレは効果があるんだね」と思ってもらうためには、
「時系列で自分の成長記録を残す」
ことが一番ではないかと思い、その週にやった筋トレの内容を、毎週書くようにしました。

また、囚人筋トレ 徹底解剖!(今は「キャリステニクス&間欠的断食のライフスタイル」という題名です)のシゲルさんが、自分の筋トレの記事や体の写真を継続して載せているのを読んでみて、純粋に読んでおもしろかったというのも理由です。

ブログを書く=人に見られる

ブログというのは、不特定多数の人に見られるものです。

実際にやった筋トレの内容をつらつらと書いて、ブログにアップしていましたが、筋トレのことを書いているうちに、この
「不特定多数の人に見られている」
ということを意識するようになりました。

人に見られていると思うと、仕事で疲れて帰った日でも、
「今日は筋トレしないと、ブログに書くときにサボったのがバレてしまう」とか、
「今週はこのメニューをやるとブログに書いたから、頑張って取り組もう」
と思うようになり、自然と筋トレをするようになりました。

また、ブログに何も書くことが無いと困るので、筋トレのことを書くために筋トレをすることもありました。

自分一人だと投げ出してしまうような時でも、人が見ていると思うと頑張れる、ということはありませんか?
私はブログの読者を意識することで、人から見られているから筋トレを頑張れる、と思うようになったのです。
…いや、人から見られているから筋トレをサボれない、というのが本音です(笑)。

家族や友人に、筋トレのことを話したり、自分の中で筋トレの目標を作ってもいいでしょう。
ただ、私の場合は、
・家族や友人に言うのが恥ずかしい(今までに何回も挫折しているのを知っているので、「また挫折するんじゃないの?」と言われたくない)
・自分の中だけで目標設定しても続かない
ので、ブログで筋トレのことを書くのが一番いいと思っています。

また、時系列で筋トレのことを書いているので、サボってしまうとすぐにバレてしまう、というのも筋トレを続ける動機になっています。

最近は、2週間に1回程度しか筋トレの記事は更新できていませんが、「見られている感」のようなものはいつも心のどこかにあって、ヒマができると筋トレをする習慣ができつつあります。

まとめ

・ブログに自分の筋トレについて書くことで、人から見られている→筋トレをやらなきゃ、と思うようになり、筋トレが続けられる

皆さんも、ブログに筋トレのことを書いてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました