子連れでお出かけ 宇都宮 八幡山公園①(ゴーカート)

今回は、宇都宮市にある八幡山公園(はちまんやまこうえん)をご紹介します。
なぜ宇都宮?と思うかもしれませんが、管理人が餃子好きなので、旅行と子供の遊びも兼ねて、よく餃子を食べに宇都宮まで行っているのです。

八幡山公園は公営の公園ですが、遊ぶ設備が充実していて、乳児から小学生までの子供が楽しめるスポットがいくつもあるので、何回かに分けて紹介させていただきます。
今回は、八幡山公園の概要と、公園内にあるゴーカートを紹介します。

スポンサーリンク

八幡山公園について

宇都宮市の中心部に位置するこの公園には、市内を一望できる宇都宮タワー、大型複合遊具やゴーカートのあるアドベンチャーU、タンチョウやウサギのいる動物舎など、子供から大人まで楽しめる施設があります。また、自然の丘陵を活かした園内はお花の名所としても知られ、約800本の桜と約700株のツツジが植えられており、お花見のシーズンにもなると、毎年たくさんの来場者で賑わいます。
八幡山公園ホームページより)

八幡山公園へのアクセス

宇都宮駅からは少し離れていますが、バスだと「県庁前」バス停が最寄りになります。
県庁前バス停から、公園中心部にある宇都宮タワーまで歩いて15~20分程度です。

タクシーだと、駅からゴーカート乗り場近くの公園入口までで、千円程度です。

駅から歩くこともできますが、大人の足でも30~40分くらいはかかりますので、子連れの場合はバスかタクシーをおすすめします。

車の場合、駐車場はありますが、公園に近い東駐車場(20台)・西駐車場(50台)は無料ということもあり、季節によっては午前中の早い時間に満車になってしまうことが多いので、気を付けてください。
なお、公園から少し離れているところに競輪場の無料駐車場があり、公園利用者も使用することができます。
また有料の駐車場は公園周辺に何箇所かあります。
(※1000円程度するところもあるので、料金確認は必須です!)

八幡山公園の見どころ

①格安で本格的なコースを楽しめるゴーカート

②ターザンロープやロングスライダー等の遊具が充実、夏は水遊びもできるアドベンチャーU

③とても眺めが良い宇都宮タワー

④長~い吊り橋、アドベンチャーブリッジ

⑤乗馬体験、うさぎと触れ合い体験もできる動物舎

休憩処(宇都宮競輪場のレストラン)も近くにあります

今回は、この中から①ゴーカートを紹介したいと思います。

 

ゴーカート

八幡山公園の一番のオススメは、このゴーカートです。

公営の公園ですが、このゴーカート、ただのゴーカートではありません!

(写真は八幡山公園ホームページより)

見た目は普通のゴーカートなのですが…

コースが普通ではないのです!
とても長い上に、アップダウンあり、本物の信号や標識あり、立体交差やヘアピンカーブありと、大人でも走り応えがあるコースです。
またコースが高台にあるので、景色も楽しむことができます。

そんなゴーカートのコースを紹介していきたいと思います!

ゴーカート コースの紹介

係員のいる乗り場からスタートすると、下り坂になります。下この写真は坂の下から撮ったものです。
写真で見てもわかるように、普通のゴーカートでは味わえない、なかなかの急斜面です。

先にあるトンネルをくぐると、今度は上りになります。

交通標識も本物です。
7%の上り坂なので、アクセルを思いっきり踏まないとスピードが落ちてしまいます。
信号もあります。ここは公園の奥の方にあるので、あまり人が通らない道なのですが、歩行者が渡る時のために歩行者用のボタンもあります。その時は車用の信号は赤になるので、止まらないといけません。

ここを上ると急なカーブがあり、曲がり切ると交差点があります。

赤信号なので止まらないといけません。
標識や信号も本物で、子供だましではないので、子供は大喜びです。
聞いてもいないのに「お父さん、もうすぐ青になるよ!!」と教えてくれます(笑)。

青になったので進めます。

カーブを曲がると、前方に宇都宮タワーがきれいに見えました。


この先のカーブを曲がると、先程の交差点に戻ってきます。

この右側が、先程来た道になります。

この先は急な下り坂です。

写真だとわかりづらいですが、ゴーカートのコースは高い場所にあるので、宇都宮の市街地がよく見えます。

長~い坂を下り切ると、行きの道と立体交差になっている橋を通ります。

この橋からは、隣接する宇都宮競輪場がよく見えます。

この競輪場、子連れにとっていい休憩スポット(レストラン)があるのですが、それは別の記事にまとめたいと思います。

この橋を渡り切ると、このコース一番の急カーブになります。

「スピードおとせ!!」の看板も見えますが、本当に急なカーブで、親も手伝ってハンドルを切らないと、子供の力だけでは回り切れません。
あまりにも急なカーブなので、写真を撮る余裕がありませんでした…。

その後トンネルをくぐり、最初の道と合流して、ゴーカート乗り場まで戻ってきます。

時間は4,5分程度ですが、本格的なコースですので、大人も楽しめると思います。

ゴーカートの詳細、料金

ゴーカートですが、1人乗り用と2人乗り用があります。

1人乗り用は小学校3年生~中学生までの子供が利用できます。
我が家のように小さい子供がいる家は、2人乗り用を使うことになります。
※3歳以上でないと、大人が同伴しても乗車できませんので、ご注意ください。

料金は、1回140円です。
2人乗り用の場合、小学校3年生以上の子供と保護者が一緒に乗る場合は、2回分の料金が必要になります。
回数券も販売しています。5回分で650円(50円お得)、11回分で1,400円(140円お得)です。

上記の写真を見て気づいた方もいるかもしれませんが、管理人が行った日は「ゴーカート無料の日」だったので、ゴーカートに無料で乗ることができたのです!

1人5周までと制限はありますが、3回くらい乗れば子供は大満足なので、とてもありがたいです。

ゴーカート無料の日は、

・4月1日(市民の日)
・5月5日(子どもの日)
・6月15日(県民の日)
・11月23日(勤労感謝の日)
毎週土曜日

が無料になります。

なんと、土曜日は毎週無料なのです!
宇都宮市、ありがとうございます!!

我が家も土曜日を狙って行くようにしています。
もちろん、無料なので混みます。
特に、気候が良くお花見シーズンとも重なる4月は、乗るまでに30分くらい待つこともあります。
ですが、これだけの本格的なゴーカートに無料で乗れるのなら、待ってもいいかなと個人的には思います。

子連れの方への情報

トイレは、公園内に何箇所かあり、男女別(車いす用トイレあり)になっています。
ゴーカートの近くにもあります。
おむつ替えコーナーは公園内にはありませんが、隣接している競輪場のレストラン(競輪をしない人でも利用できます)には、おむつ替え台があるトイレがあります。

また、公園内には売店があり、軽食も売っていますが、ゴーカートの近くには売店はありませんので、食事は買ってくるか、競輪場のレストランを使うことをお勧めします。
ゴーカート周辺には、飲み物とアイスの自動販売機があります。

公園内のトイレ等の情報については、公園のまとめ記事を書く際に、改めて書こうと思います。

次回は、ローラー滑り台やターザンロープなどの遊具がたくさんあるアドベンチャーUを紹介したいと思います。


宇都宮関係の記事を以下にまとめました。
子供も大人も楽しめる場所ばかりですので、よろしければ見てみてください!

宇都宮の子連れオススメスポット

 

☆半日じっくり遊べる八幡山公園☆
ゴーカート
アップダウンやトンネルもある本格的なコースで、大人も楽しめます。土曜日は無料!
アドベンチャーU
長~いローラー滑り台や、ぐるっと一周して戻ってくるターザンロープ、水遊びができるじゃぶじゃぶ池など、乳児から小学生までの子供に大人気の遊具や遊び場がたくさんあります。
宇都宮競輪場内のレストラン
室内にあるので、公園で疲れた時にゆっくり休めます。
競輪場内の施設ですが、空いていて、料理もそこそこ美味しく、タイミングが合えば競輪を見ながら食事をすることができます!
宇都宮タワー
見た目は古いタワーですが、意外と眺めがいいです。
そして望遠鏡が無料で見放題なので、大人も盛り上がれますよ!

 

☆遊んだ後に汗を流せる ザ・ グランドスパ南大門

 

☆餃子の後は上品な甘味でのんびり 高林堂

 

☆子供向けの本がとても充実している 喜久屋書店

 

☆宇都宮といえば餃子! 宇都宮みんみん

コメント

タイトルとURLをコピーしました